SATOKO UMETANI




あたりまえにあった子供の頃の日常を時折思い出すうちに、それは美しいものへと変わっていった。
私はその記憶を書き留めたいと思った。漢字そのものが持つ意味に束縛されることなく、カタカナを使って。

躍動感あるカタカナは、純粋に、自由に、床に置いた紙を回りながら書くことを許してくれる。
もはや文字のもつ音さえも消えゆく一方で、言葉を書くことを通して遠い日の記憶がさらに鮮明によみがえる。
そうして立ち現れた書を、私は書き留めたと言うよりも、自分自身への贈り物のように受け取る。

ひとかけらの思い出を紙の上におとし込んでいく中で無限に広がりゆく書の世界を、
私はただ独り、たのしんでいるだけなのかもしれない。





  • ゴガツイツカノ セイクラベ-1

    Comparing Heights On Children’s day-1

  • ゴガツイツカノ セイクラベ-2

    Comparing Heights On Children’s day-2

  • ゴガツイツカノ セイクラベ-3

    Comparing Heights On Children’s day-3



  • ゴガツイツカノ セイクラベ-4

    Comparing Heights On Children’s day-4

  • オニハソト フクハウチ-1

    Demons out,Fortune in-1

  • オニハソト フクハウチ-2

    Demons out,Fortune in-2




  • オニハソト フクハウチ-3

    Demons out,Fortune in-3

  • オニハソト フクハウチ-4

    Demons out,Fortune in-4






    ≫ アーティスト一覧へ



お問い合わせ・お見積もり

CONTACT